よくある質問

お子様について

A. 中学1年生~3年生です。

A. お部屋は男女別にコテージ1棟あたり4~6名でお泊まりいただきます。できるだけ年齢が近いお子様同士になるようにお部屋割りをします。

チームは出身地や男女などを加味し、なるべくバラバラになるようにします。

A. 参加者の同チームや同部屋のご希望は、人数や定員の関係でご希望に添えないケースが出てきてしまうため、受け付けておりません。 

雪山インターナショナルキャンプでは初対面の子どもたちが出会い、友達になり、一緒に活動し、さまざまなことに挑戦することもキャンプの大切な一部だと考えています。 新しい環境で新しいお友だちを作ることでキャンパー自身にも自信がつくと考えており、新たな仲間づくりをチームリーダーが優しくサポートさせて頂きます。 

もちろん、同じキャンプにご参加頂く場合はフリータイムや食事の際など、チームに関係なく全てのキャンパーと交流頂ける予定ですのでご安心ください。 ぜひキャンプにご参加される前にこのポリシーについてお子さまとお話頂き、新しいチャレンジにわくわくした気持ちでキャンプ当日を迎えて頂ければと思います。 

どうぞご理解、ご協力をお願いいたします。

A. もちろん大丈夫です。できる限りご対応させていただきますので、アレルゲンや症状について詳しい内容を事前にお知らせください。 

A. はい。イスラム教の方やヴィーガンのお食事にもできる限り対応しておりますので、参加前に詳しくおしらせください。

A. お部屋の片付けをする際に、お部屋の外に案内するなどの対応をいたしますので、事前にお知らせください。程度がひどい場合は念のためマスクをご持参ください。吸入器をお持ちの方はご持参することをおすすめいたします。

A. はい。窓を開ける、前方の席に座る、休憩をとるなど柔軟に対応しますので、程度や症状などを事前におしらせください。

保護者について

A. はい。特にスタッフはお構いできませんが、ご自由にご見学ください。冬なのでスタッドレスタイヤを必ず履いてお越しください。

A. お子様に携帯電話を持たせてください。宿泊先にお電話いただいてもお子様へはお取り次ぎできませんので、予めご了承ください。

A. キャンプ開始前に送付する資料の中に緊急連絡先電話番号(携帯・固定)を記載しますので、そちらへご連絡ください。

食べ物について

A. 朝食は日替わりでコンチネンタルブレックファーストや日本食を提供いたします。昼食は麺類や丼物です。夕食は洋食、日本食、エスニック料理などを日替わりでご提供しております。

A. 夕食後の自由時間は自習室を設けておりますので、就寝時間まで学習時間を確保することができます。

A. 参加者保護者向け限定公開のFacebookページで写真など様子をアップしますので、そちらをご確認ください。

A. 万が一怪我や病気が発生した場合は、まずは山岳ガイドがファーストエイドをキャンプ地で行い、直ちに受け入れ可能な最寄の病院へ搬送します。それと合わせて保護者様へ状況をご連絡差し上げ、密に連絡を取るようにいたします。

もし、キャンプを続ける事が無理だと判断されたり、伝染性の病気が疑われたりする場合には、保護者の方にキャンプ場までのお迎えをお願いすることがあります。

 

A. 参加者全員が国内旅行傷害保険に加入します。保険料は参加費に含まれおります。

A. はい。事前に服用薬をご確認させていただき、チェックインの際にお子様から薬をお預かりした上で、指示(処方)に従って管理します。冷蔵保存する必要があるお薬・軟膏なども必要に応じて手配をいたしますので前もってお知らせください。

毎日の生活について

A. キャンプ生活に必要な物はすべて支給されますので、キャンプ中に現金は不要です。

お土産代やジュース代は各自管理してください。

紛失や損傷に対して主催者は一切責任を負いかねます。また現金やその他の貴重品をお預かりすることはできかねますのでご了承ください。

A. 洗濯機、乾燥機がありますが、1台づつしかありませんのでどうしてものときにお使いいただけます。

A. スキーウェア、手袋、防止などの他、ダウンジャケットやフリースなどの防寒着を必ずご用意ください。部屋の中は20℃ですが、外はマイナスです。

また、靴下、パンツ、ズボン、タイツ等は濡れた時用の変えの物をたくさんお持ちいただくと快適にお過ごしいただけます。

英語力について

A. 日本語を話せるスタッフがサポートしますので、この機会に英会話を挑戦してみてください。英語でのディスカッションなど内容によってはついていけない場合もありますが、そこで学習の大切さを再認識していただく機会にもなると思います。

英語が話せなくても楽しめる体を使ったプログラムも多数ありますので、あまり心配なさらないでください。子供は適用力があります。

A. テストができるの出あれば、あとは英会話の慣れの問題だと思いますので、この機会にたくさん慣れてください。

the-content